ほしのエキスポ

カネがないけど豊かに生きたい。

ふと考えた話

飛行船みつけた

ほしのです。 久々に飛行船が飛んでいるのを見つけた。 子供の頃はフジカラーの飛行船が良く飛んでいた気がするけれど。

保育園落ちたについて。一度離職した女性は二度と第一線で働けない現実

「保育園落ちたしね」の投稿が話題となっていますね。 最初は「匿名の書き込み」とあまり重視していなかったような政府も デモや署名活動の活発化により大きな波となってきたこの活動に ないがしろにできない問題ととらえ始めているようです。 30代既婚者の…

IKEAの例の椅子、使ってますが

ほしのです。 オードリーが壊した例のIKEAの椅子「ポエング」、一年前くらいから使っています。 IKEAの家具もろ過ぎ!やっぱりIKEAはダメだ! というような論調が多くてなんだか悲しくなりますが 夫は70キロ前後、私は40キロ前後、普通に使っていれば壊れま…

ディズニーさんは商売上手。ダッフィーじゃないクマの存在

ほしのです。 トップ画像のクマ、知ってますか? ああ、ディズニーランドで有名なクマだよね、ダッフィーだっけ? ってあなた・・・違います。 この子たちはディズニーキャラではありますが、 あの一世を風靡したダッフィーではない別もの。

男性諸君、女子のネイルをむやみに褒めるな

ほしのです。 「女性のネイルを褒めると良い」というモテテクがはびこっているようだ。 しかしこの風潮に一言モノ申したい。 女子のネイルはやたら褒めるな、と。

【SMAP騒動】メリー解任署名始動!非上場企業に社会的責任はないのか

SMAPのことは特別大ファンというわけではないが 子供の頃からなじんでいたカッコよくて楽しいお兄さんたちという感じで ごく一般的な好感を持って見ていたごく普通の一視聴者である。 だけど今回の騒動はあまりに不快で気持ちの悪いものだった。

バスタオルっていらなくない?って思うんだけど・・・

ほしのです。 結構前からバスタオルは使っていません。 お風呂上がりに体を拭くのはフェイスタオルで十分って気づいてしまったから。 一度使ったタオルは一度で洗う派なので バスタオルを毎日使うとものすごい洗濯ものの量になってしまう。 水や洗剤がもった…

胸が小さくなる!?《ブラトップ》の恐怖

使い続けたら1カップ以上ダウンした(気がする) 部屋の掃除に伴い、 10枚以上持っていたユニクロのブラトップをすべて処分しました。 着け心地の楽ちんさはさることながら、 首元が広めのデザインの服が好きな私は ときどき肩からブラひもが見えてしまうの…

【東京五輪パクリ疑惑】auのリスの人じゃん!《せっかく擁護しようと思ったのに・・》

7月24日、東京五輪のエンブレムが発表されましたが、 これがパクリだというニュースが次々と出てきて問題になっています。 出典:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2552039.html 私は「当初」はデザイナーである佐野研二郎氏の擁護派でした。 しか…

【ラブメイト2015】熊切あさ美を10位に選んださんまさんって優しいなぁ・・と思った件

剛力彩芽が3連覇!16歳の少女も フジテレビ『FNS27時間テレビ2015』が25日18時半~26日21時54分まで放送中。 名物コーナーの「さんま・中居の今夜も眠れない」は15年目を迎えたとか。 今年も恒例企画の「ラブメイト10」という、 明石家さんまがこの1年で気に…

【非モテ男に朗報】彼女が欲しかったら「お前」と言われて喜ぶ女を探そう

女性は「お前」と呼ばれて嫌がるタイプと喜ぶタイプに二分される 彼女がなかなかできずに悩んでいる男性諸君! ちょっと面白いことに気づいたので 独断と偏見に満ちたお目汚し記事ですが宜しければどうぞ。 「優しい」「男性を立ててくれる」「怒らない」「M…

元オセロ松嶋《牛乳有害説》幼稚園に強要!幼子が根拠なく傷つかないことを祈る

根拠の乏しい「牛乳有害説」 元オセロの松嶋尚美が7月7日放送の「中居正広のミになる図書館」で「子供に牛乳を飲ませない」子育てをしていると発言したことが話題になっている。 『牛乳を飲むことによって体内のカルシウムが尿と一緒に排出されてしまう』 『…

バストアップに肌荒れ改善?ピルのメリット8つ《日本女性はもっと恩恵を受けるべきだ》

「ピル=避妊」という考えは古い ピルにどのような印象をお持ちだろうか。 「ふしだらなだらしない女性や、そういう職業に従事している女性が使う薬」「非協力的な彼氏を持つ女の子が仕方なく使う薬」 日本ではまだまだ上記のようなイメージが強いのではない…

方言女子はなぜかわいいのか。会話に○○を混ぜると類似効果が?

東京出身のくせに「方言に親しみを感じる」不思議 方言を話す女子の人気がとどまるところを知らない。 代表的なのが「はんなり京都弁」の安田美沙子だろう。 その柔らかな親しみに溢れる響きに世の男性諸君は魅了されてやまないことだろう。 怒られてもなん…